学校法人横浜学院の沿革

横浜学院は、太平洋戦争の戦禍を被った二つの学校、明治19年創立の横浜千歳女子商業学校と、昭和18年創立の神奈川女子商業学校を、金子正校長が再興のために、昭和22年9月13日に両校を合併させ、新しい「建学の精神」の下に新生の門出をした学校である。

 

現在、学校法人横浜学院は横浜女学院中学校・横浜女学院高等学校 ・横浜学院幼稚園を経営している。日本プロテスタント発祥の聖地、山手の丘に位置し、豊かな緑と美しい草花に囲まれ、眺望もよく、女子の教育の場としてたいへん恵まれた環境にある。

 

山梨県の清里には横浜学院八ヶ岳山荘があり、八学会の山荘教育や学習セミナー、クラブ・部活動の合宿、教職員・PTAの研修会が行われる。その他に関係施設として学校法人上星川幼稚園と日本基督教団上星川教会がある。